経木の使い方とは?おむすびを上手く包むコツ!その他の利用方法は?

経木は、買ったのはいいけど、上手く使いきれていない事ってありませんか?

また、おむすびを包むのに、上手くできなくて、困ってしまったり。

そんな方に、上手く包むコツをお伝えさせていただこうとおもいます。

また、経木は、一枚単位ではなく、100枚とか、いっぺんに買わなければなりませんよね。

おむすびだけではなく、他の利用方法も、紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

経木の使い方!経木でおにぎりを包むコツとは?

経木でおむすびを包むには、

1.おむすびに合わせ長さをはかり、カットする

2.長さを調整した、経木の真ん中におむすびをおき、左右に被せ、紐で結ぶ。

具体的に説明してあるブログがありましたよ。こちら↓

経木でおむすびを包むコツ

経木のその他の利用方法

経木は、おむすびを包むほか、先程のブログにもありましたが、保湿性があるので、水分をとってくれる役目をしてくれます。

具体的には、

経木を、切り、お弁当のなかの仕切りに。

余ったお肉をトレーに残さず、経木に包むと鮮度が保てます。

油も吸収しやすいので、揚げ物のしきにつかったり。

たこ焼きにも、よく、入れ物につかわれていますよね。

あれ、経木です🎵

スポンサードリンク

経木はなんの木でできているの?製造行程とは!

経木は、赤松の木が原材料です。

厚さは、0.18ミリ。

薄く切り立てた経木は、すぐの状態では、曲がってしまっているそうです。

それを職人さんが、1分以内で、真っ直ぐにするという職人技❗

また、経木は、お刺身などにも、包みにつかわれるというのは、理由があります。

経木には、抗菌作用があるうえ、余分な水分を吸収してくれる役目をしてくれるというもの。

やはり、お刺身などは、鮮度がなんといっても、大事ですよね。

ですから、経木は、なくてはならない、天然の有能機能を搭載した包装紙といっても過言ではありません。

経木は栃木県の那須の名産

経木の名産のひとつが那須。

こちらでも、赤松を、使いつくられていますね。

おむびも、通気性があり、また、アカマツのほのかな香りが、食欲を高めてくれます。

まとめ

経木を普段使いしてみたくなりました。

今からの時期、アウトドアにおにぎりや、お弁当を持参する機会が、増えるので、ぜひ、使ってみてはいかがでしょうか?

まずは、手始めに、おにぎりに!

あとは、やはり、興味をひいたのは、お肉やお魚の保存に使うことですね。

通気性、抗菌作用の利点を利用して、経木を、どんどん使いこなしたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする