反抗期はいつまで?思春期に非行にはしる理由と対応は?

自分の子供が、非行にはしると、親は慌てます。

思春期になると、一種のはしかのような、反抗期。

親は、それをわかっていても、更正させるには、どうすればいいかと考えます。

子供の進学、また、将来のことなど心配して、毎日気がおもくなるのではないでしょうか?

では、なぜ、子供が、非行にはしってしまったのか、また、どうすればいいのかという点で考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

反抗期いつまでつづくの!?

いま、反抗期に直面しているかたは、トンネルの先が、みえないような不安があることでしょう。

しかし、なんでも、そうですが、今の状態が変化しないことは、ありえないと思います。

私の子育ての経験から、必ず、子どもは変わります

時期がくれば。

それを信じて、見守るのが親なんでしょうが、、。

しかし、親も、あまり、長いとイライラするし、かちんときて、子どもとケンカみたいになることもあるでしょう。

でも、それは、我慢するより、いいのではないでしょうか。

親も格好つけず、体当たり!

仙人のような人物なら、別ですが(笑)

いつ、終わるかは、子ども次第。

ゲロと同じ?(笑)はきだすと終わるのではないでしょうか?

反抗期の対応とは

まず、考えられるのが、子供への愛情不足。

今は、シングルマザーや、夫婦仲の悪い親など、家庭に、何かしら問題がある家が、非行に走りやすい子供が多いようです。

それは、なぜか?

母親が、子供に、手をかけない目がいかない、つまり、多くの場合、愛情をかけていないためではないでしょうか。

無関心さが、非行にはしらせる要因の一つです。

非行にはしれば、親の感心を引くことができます。

非行にはしるということは、子供の反抗期の場合もありますが、中には反抗期がない子供もいます。

親にたっぷり、愛情をかけてもらった子は、反抗することは、まずないようです。

たとえ、あったとしても、時期がくると、なくなるはず。

親に反抗するということは、ひとつの、親へのアピール。

どんな意味が、そのアピールにかくされているのか!

私のこと、僕のこと、気にかけて!

声かけて!何か注意して!

見て!悪いことしたよ、だから、ほら、気にかけてよ!

と、無意識に形にアピールして表しているのです。

ある意味、寂しいと訴えているようなもの。

親に、また、先生に、甘えて、かまってほしいサインの、ようなものなのです。

では、そんな、子供をどのようにみたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

子供に詫びる思い

一度、グレはじめたら、しばらくはグレさせる。

ある程度、意思表示させる。

一種の寂しさ孤独のアピールに、親や先生が、目くじらたてて、激怒してしまいます。

よく、学校で、先生が、厳しく怒鳴りつけ、力ずくで、押し込め非行をやめさせようとしますが、はっきりいって、油に水を注ぐよう。

なので、まずは、親なり先生は、個別に、1対1で、話をすることをおすすめします。

まず、親は、今までの、その子の子育て、その子にたいする想いを反省しなければいけません。

今までの子育ての仕方は、自分本意ではなかったか?

厳しく怒り、ヒステリックになっていなかったか?

もし、そうでしたら、子供に、詫びましょう。

「いままで、お母さん、怒りすぎて、ごめんね🙇💦💦嫌な思いさせたね。」と。

なかなか、面と向かって言えない場合は、子供が寝ているそばで、つぶやきましょう!(笑)

まず、子供に何か育て方に問題があったにちがいないので、自らを大反省しましょう。

自分のことは、自分しかわからないので。

子供の傾聴の勧め

子供の非行や、グレるのは、まず、自分を認めて欲しいに、つきます。

では、認めてあげれば、非行にはしる理由は薄れてきますね。

その、認めてあげる方法とは、

それは、ひたすら、子供の話を、否定せず、ひたすら、肯定的に傾聴していくことだと思うのです。

人は、自分の話を肯定されたら、自信がつくのです。

とにかく、否定せず、ひたすら、そうなんだね。そうおもうんだ。なるほど。と、話を聴いてあげることが立ち直るきっかけになると、思います。

傾聴について、こちらの記事をよんでみてください↓

傾聴について

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする