ピーナッツバターはカロリーが高いの?簡単な作り方と食べ方とは?


ピーナッツバターはカロリーは高いのか?と、あのねっとりしたバターをみると少し心配になってしまいます。

あなたは朝、何を食べますか?

パン派やご飯派などいろいろな方がいると思います。

朝にパンを食べる人はジャムを塗ったり、ピーナッツバターを塗る方もいると思います。

今回は、ピーナッツバターのカロリーや作り方、おすすめの食べ方について考えました。

スポンサードリンク

ピーナッツバターとは

皮をむいたピーナッツを高温でじっくり炒めて、バターミルでよくすりつぶして練りこんだものです。

こってりとした甘さは癖になりますし、多くの国民に愛されていますよね。

しかし、ピーナッツバターはカロリーが高く、太ったり、ニキビができやすいなどを心配して、食べるのを敬遠してしてしまう人も多いはず…。

実際、ピーナツバターは100gあたり、640kcalとなっており、これだけ見るとカロリーが高いと思ってしまうかもしれません。

しかし、ダイエット効果もあるって知ってますか?

ピーナッツバターでダイエット?!

日本国内で生産されたものは、ピーナッツクリームが大量に含まれているので、糖質が多いです。

でも、実際に自分で作ることができれば、糖分が抑えられて、ダイエット効果が見込めます。

他にも、新陳代謝を高めてくれたり、疲労回復などの効果もあるとされています。

普通のバターよりは、いいですね!

スポンサードリンク

ピーナッツバターの作り方

(1) ピーナッツを簡単に炒めて、それをミキサーにかけます。

(2) これで純度100%のピーナッツが完成しました。

(3) これにバターやマーガリンを加えると、完成!

カロリーが高いのが気になる人は、バターやマーガリンの量を少なくすることもできます。

また、人によってははちみつを入れたりなどでさらにオリジナルのピーナッツバターを作ることができます。

ピーナッツバターのおすすめの食べ方

ピーナッツバターには人によって食べ方は様々ですが、ここでは塗る方法以外の方法を紹介していきます。

・野菜スティックにつけて食べる

パン以外にも、野菜スティックにつけて食べるのがおススメです。

日々の生活の中で、野菜が余ってしまうこともありますよね。

そこで、その野菜をスティック状にして、ピーナッツバターをつけて食べる方法があります。

・フルーツにつけて食べる

リンゴやブルーベリーと一緒に食べる方法もあります。
特に、フルーツの甘みとピーナッツバターの甘さがマッチしていて、本当においしくおすすめしたい方法です。

終わりに

ピーナッツバターはカロリーが高いから控えてきた人や、冷蔵庫に保存したままでほったらかしにしている人は、明日からぜひピーナッツバターを使って調理してみてください。

ダイエット効果もあるし、疲労回復も出来るし、一石二鳥以上の効果が得られますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする