宿便を出す方法とは?簡単にできてめちゃ宿便がでちゃう!?

宿便をだすには、まず、約15時間くらい、断食をしたのち、つまり、ファスティングをしたのち、とる食事や飲むもので、でるそうです。

スポンサードリンク

宿便を出す方法

用意するもの

●ミネラルウォーター 1000ml

●天然塩 小さじ2(10mg)

●レモン汁大さじ2 (なくてもよい)

この塩レモン水を、いっきに20分以内に飲み、30分くらいすると、排泄するようですよ。

まじ、すごいらしく、でるそうです!

宿便をだすには、やはり、断食をしないといけません。

いわゆるファスティングです。

断食から、回復させるため、食べても大丈夫なもの、また、NGなものを紹介します。

ファスティングの回復食品

食べて大丈夫なものは豆類や、穀類です。

あと、野菜や、キノコ類、海藻、など。

豆類は、細かくいうと、油揚げも納豆とかも、いいようです。

穀類は、米はもちろんですが、おそばとか、16穀米なども、OK!

次に、食べたらNGな物は、やはり、小麦粉系の食品です。

ラーメン、うどん、もちろん、パンなどです。

ネットで、調べたら、4日目までは、肉や魚も、たべていいようです。

スポンサードリンク

宿便がでる回復食は大根!

断食後、宿便を出す回復食のおすすめは「スッキリ大根!」です。

詳しくは、田中さんのブログに記載されています。

参考にされてください。

この大根が、凄い効果があるようで、ネットで、これを食したら、午前中は5回くらいトイレへいったとか(笑)

解毒作用、半端ない!

すっきり大根は最後のデトックス!

普通、回復には、おかゆ、重湯をしょくするようですが、おすすめは、やはり、前の記事にもありますが、大根です。

食材は3つ

大根

昆布

梅干し

それぞれ、効果的な栄養素があり、昆布のグルタミン酸は旨味成分でもありますが、このグルタミン酸は、腸内細菌のエサになるそうです。

ですから、食すると、ますます、、腸内環境が整うわけです。

あとは、大根の食物繊維と、梅干しの酸、クエン酸と、たっぷりのお水をのむことで、腸内を大掃除してくれます。

いわゆる、最後のデトックスの仕上げになります。

そののち、おかゆ、重湯をしょくするといいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする