低体温を改善する方法とは?日々の習慣で改善しよう

低体温を改善する方法と食事療法などについて調べてみました。

「健康的な平熱は何度か知っていますか?」という質問に皆さんは答えられますか。

健康的な平熱は、約36.5~37.0℃だといわれています。

もしも、あなたの平熱が36.5℃以下であれば、「低体温」ということになるのかもしれません。

低体温は、体に様々な異変が現れたり、大きな病気になるリスクが高くなるといわれています。低体温を改善する方法はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

低体温を改善する方法

低体温は、日常生活を見直すことで改善が期待できるそうです。

改善が期待できる方法の一例を紹介します。

低体温の原因の1つに、「筋肉量が足りない」ということが挙げられるそうです。

50年前の日本人と比べると、「筋肉量は減った」といわれています。

その裏には、便利になった生活環境にあるといいます。

歩く機会が減り、動く機会が減り、自分の力で体を支える作業が減りました。

とても便利になり、楽になり、空いた時間が増え、人はゆったりと過ごすことができる様になりましたが、逆に、体は楽をし過ぎているともいわれています。

以下のことを続けることで、足腰の筋肉が付き、血行が良くなることが期待できます。

①1日30分、歩く:毎日続けることが大切です。
・通勤は、ひと駅分ぐらいの距離を歩く
・エスカレーターなどは使わず、階段を上る
・「ちょっとそこまで」の買い物は、できるだけ歩く
・できるだけ、毎朝、散歩をする

②運動をする:無理なく、毎日続けることが大切です。
・ストレッチ(腕を伸ばす、肩を回す、足の上げ下げなど)
・ランニング(マシンでも良い)
・ステッパー(足踏みマシン)

低体温になりがちな人は、平熱も低いといわれていることから、体の中から1℃上げる習慣をつけることが大切だといわれています。「体の中が1℃上がれば、平熱も1℃上がる」ことが期待できるそうです。

③お風呂に入る:季節に関係なく、毎日続けることが大切です。

平熱を1℃上げるには、できるだけ体を温めておくことが望まれます。

1日に1度、自身で決めた同じ時間に、「シャワーではなく湯船に浸かること」が大切なのだそうです。

一般的に、10分間 湯船に浸かることで、体温が1℃上がるといわれています。

お湯の温度は、体温を上げることに気を取られ過ぎて熱くするのではなく、長く入っていられる様な、気持ちが良いと感じる適温を見つけましょう。

④白湯を飲む:朝晩、コップ1杯を毎日続けましょう。

朝は、まだ体がすっかり起きていない状態です。

そんな時は、温かい飲み物や白湯が体を温めることが期待できるそうです。

また、夜も温かい飲み物や白湯を飲むことで同じ様に体を温め、ぐっすり眠れることが期待できるそうです。

⑤体を温める食材(食事)と取り入れる:毎日取り入れる工夫をしましょう。
全ての食材は5つ色に分類できるといわれていますが、その中でも体を温めるといわれている食材の色は「赤(紫)、黄、黒」だそうです。「食事はバランス良く」が基本ですが、体を温めることが期待できる色の食材を少し多めに取り入れてみましょう。また、体を温めることが期待できる食材は、「冬の野菜や、寒い地域でとれる野菜、豆や根菜類など」も当てはまる様です。
・赤: 肉類、ニンジン、トマトなど
・黄:たまご、カボチャ、トウモロコシなど
・黒:昆布類、キノコ類、黒ゴマなど

⑥GABA(ギャバ)がたくさん含まれる食材を取り入れる:毎日取り入れる工夫をしましょう。
GABAには、低体温の原因の1つになると考えられているストレスを和らげたり、成長ホルモンの分泌を助ける働きが期待できるそうです。一般的に、GABAが多く含まれているといわれる食材は、トマトやジャガイモ、カボチャなどだそうです。

⑦体の外から温める:保温グッズを上手に使いましょう。
体の中が温まり、体温が1℃上がったとして、その1℃を逃がさない様にするには、体全体をいつも温かい状態にしておくことも大切になる訳です。そんな時は、保温グッズの効果に期待が持てそうです。
・腹巻き
・湯たんぽ
・厚手のタイツや下着など

おすすめな副業❗
あなたもおこずかいかせぎしませんか?
記事は外注できて、放置でアドセンスでお金が入ってくる!?
知って得するその秘密はこちらをクリックしてアドレス登録を!↓↓

【アフィリ代行PJ】外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック
gaityu300.png

低体温と低体温症の違い

低体温と低体温症の違いは、「体の深い部分(内蔵)の温度」にある様です。

人の体は、夏や冬の体感的な暑さや寒さとは関係なく、体の深い部分の温度は、37℃前後と一定に保たれています。

この体の深い部分の温度が35℃以下になっている状態を「低体温症」と呼ぶそうです。

ですから、自覚のできる低体温と、命の危険がすぐ傍にある低体温症とでは、全く意味合いが違うとのことです。

低体温の症状

低体温の状態になりやすいのは主に女性だといわれていますが、高齢者や乳幼児、または、神経の持病がある人や生活習慣病、ケガをしている人なども同じ状態になりやすい様です。

低体温の状態では、どの様な症状(異変)が現れるのでしょう。

①低体温で現れる自覚症状
・生理不順
・貧血
・疲れやすい
・頭痛
・肩こり
・肌荒れ
・寒く感じる
・寒さで体が震える
・薄着をしている
・・・など

②低体温で起こる体の中の異変
・新陳代謝が遅い
・ガンにかかりやすい
・薬が効き難くなる
・食物を活力に変える率が下がる
・筋肉量が落ちる
・・・など

スポンサードリンク

低体温の危険性

突然ですが・・・皆さんは、「変温(冷血)動物:環境の気温によって、体温が左右される動物」と呼ばれる生き物がいることは知っていると思います。

それらの種類は「寒い場所では動きが鈍くなり、温かい場所では動きが活発になる」という特徴を持っています。

人の体も、あまりにも体温が下がり過ぎると、心拍がゆっくりになったり、血流が悪くなったりする様です。

この様なことが起こると、「人の体を作っている約60兆個の細胞の隅々にまで栄養や酸素が行き渡り難くなり、老廃物なども体の外に出し難くなる」ということです。

そのために、命に関わる病気にもなり易くなるといわれています。

つまり、低体温の1番怖いところは、「免疫力が落ちる=抵抗力が落ちる」ところなのです。

低体温改善に良い食事療法

低体温は、体の中の温度ではなく、体の表面や自身が感じる症状(異変)がほとんどの様です。

ですから、体を温める食材を使ったメニューの一例を紹介しましょう。

これらのメニューを増やすことが「食事療法」であり、低体温の改善に期待が持てるそうです。

①生姜を使ったメニュー
・玉ねぎと生姜のスープ
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/246353 )

・体が温まる生姜チャーハン
(出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1000000381/ )

・しょうがで体を温めよう!手羽先としょうがのポトフ
(出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460000354/ )

②トウガラシを使ったメニュー
・トマトとインゲンのピリ辛サラダ
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/4327039 )

・納豆七味唐辛子でカプサイシン旨辛アレンジ
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/4147721/tsukurepos )

・身体温まるニラごはん
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/5419178 )

③赤、黄、黒の食材を使ったメニュー
・ほうれんそうと海藻、にんじんのナムル
(出典:みんなのきょうの料理
https://www.kyounoryouri.jp/recipe/41195_%E3%81%BB%E3%81%86%E3%82%8C%E3%82%93%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%A8%E6%B5%B7%E8%97%BB%E3%80%81%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%AB.html )

・ゆで鶏と海藻サラダ
(出典:DELISH KITCHEN  https://delishkitchen.tv/recipes/174851116658328657 )

・根菜と海藻の胡麻炒め
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/4920777 )

④GABAを多く含んだ食材を使ったメニュー
・GABAたっぷり★おうちで発芽玄米★モチモチレシピ
(出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460003571/ )

・簡単ジューシー!サクサクのフライドチキン(GABA調味料の使用)
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/2939264 )

・スパイス6種の辛くない自家製カレー粉(調味料)
(出典:クックパッド https://cookpad.com/recipe/3995837 )

ぜひ、作って改善策のひとつに活用ください!

まとめ

低体温は、平熱が36.5℃以下の状態を指し、すぐさま命に関わる重大な状態ではないものの、つらい症状が出やすい体質を作っているということでした。

また、その様な状態が長く続くことで大きな病気にもなり易くなるそうです。

ですが、最近の発表では、「平熱は、低めの方が長生きする傾向にある」ともいわれ、医学の発達とともに、「その時代の事実が、過去の事実になりつつある(場合もある)」ことも忘れてはいけないと思います。

いずれにしても、低体温が原因で、つらい症状が出ているのであれば、食生活から見直してみませんか。

低体温を改善するには、食材選びも重要なカギとなりそうです。

体を温める食材は、「赤(紫)、黄、黒」の色の野菜と、「冬の野菜や、寒い地域でとれる野菜、豆や根菜類など」でした。

お手頃価格で簡単な加工食品やインスタント食品は、体を冷やしてしまう側に分類される様です。

忙しい現代人には、食生活の救世主だったのに…です。

また、サプリメントではよく見聞きするGABAは、低体温にだけではなく、アンチエイジングにも役立つということですから,一般的にも大切な栄養素ということが分かります。

低体温を少しでも改善するには、「体温を1℃上げる」ことから始まる様です。

その作業は、「慣れない ひと手間を継続すること」で、とても毎日は続けられないかも知れませんが、この記事を読んでくださったあなたは、少なくても「低体温を改善する方法」を知ったわけですし、始めようと思えば、いつでも始められる「スタートに立った」ということです。

始めは、1日1つの「点の作業」でも、毎日行なえば、「線の作業」になり、気が付けば、「ずっと続いてる」ことになります。

無理せず、「1日1つを目標」に始めてみませんか(^-^)

おすすめな副業❗
あなたもおこずかいかせぎしませんか?
記事は外注できて、放置でアドセンスでお金が入ってくる!?
知って得するその秘密はこちらをクリックしてアドレス登録を!↓↓

【アフィリ代行PJ】外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック
gaityu300.png

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする