灯油の価格や利点などまとめてみました

灯油 処分 ガソリン スタンド

灯油は、生活の中で、なくてはならない燃料の1つとなっています。

一般的には、どちらも「冬の暖房機器」が思い浮かぶかもしれませんが、1年を通して使われる場合や、暖房以外の使い方をする場合などがある様です。

今日は、灯油について調べてみました。

スポンサードリンク

灯油について

①灯油とは、原油から精製された燃料の1つ

②一般的に「石油ストーブ」の燃料になる

③ボイラー(給湯器)の燃料としても使われていることも少なくない

④輸入先の事情や、お互いの取り決めなどによって、値段が変わることがある

⑤「灯油」という言葉は、もともと「明かりをともすために使われた魚油」に由来し、この場合は、「ともしびあぶら」と読む

灯油の価格

輸送に手間取る地域(離島など)や、値段の競争が盛んな地域などでは、値段が高い傾向になる

灯油の利点

(1)引っ越しなどで住む地域が変わっても、灯油の種類は変わらない

(2)場所を選ばず、その時から使える

(3)灯油ランプの燃料として使える

スポンサードリンク

灯油を給湯器として使う

寒い地域や業種によっては、ほとんど1年を通してお湯を使うことがあり、「石油ボイラー」という、燃料に灯油が使われている給湯器を設置しているそうです。

それは、ガスよりもずっと大きなエネルギーを持っている(パワーがある)ので、使い勝手が良い様です。

都市ガスやプロパンガスなどと違って、①定期的に点検することがない

②不具合が起きた時に元に戻す時間や手間がかからない

③不測の事態でも復旧が短い時間でできる

灯油で注意すること

(1)絶対に、火に近付けてはならない

(2)水や異物が混じると純粋な灯油ではなくなるので、使ったあとは、しっかりとふたをする

(3)臭いがもれると、気分が悪くなったり、目が痛くなったりするので、換気を十分にする

(4)気温の変化や直射日光で劣化するので、冷暗所で保管する

(5)灯油の入ったポリタンクを、外で保管する場合は、放火や盗難に十分注意する

(6)灯油の購入は、ワンシーズンで使い切ることができる様、調整する

(7)消防法と火災予防条例により、一般の家庭で保管できる灯油の量は、200ℓと決められている

(8)そのほか、取り扱いには十分注意する

灯油は、使用場所を選ぶことなく、すぐに使うことができます。

・いつも新しい灯油を使うこと
・次の年に持ち越さないこと
・水や異物が入らない様にすること
・保管場所に注意すること
などを守っていれば、自己管理できます。

まとめ

灯油は、会社によって価格もちがいますよね。

また、宅配サービスをしてくれるところもあります。(田舎など)

また、冬の災害時にはガスよりは、灯油が有利でしょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする