子供を1人暮らしさせるための8つの方法

子供を1人暮らしさせるにはどうすればいいんだろう!?

と、悩んでいる母親が、多くいます。

自立してほしい、一人暮らしをしてしっかりとした大人になってほしいと、思っいつつ、なかなか、子供は、家からでたがらない。

一般的に、子供は「一人暮らしをしたい!」と考える時期がある様です。

その時、親は、心配ながらも「巣立ち=自立心」をうれしく思い、応援するものです。

ですが、自分から全く言い出さない子供だった場合、親は、子供の将来を考え、心配ながらも「一人暮らし=自立心」に目覚めさせたいとあなたも思っているはずですよね?

スムーズに、子供が、一人暮らしまで持って行くにはどうしたら良いかについて、調べてみました。

スポンサードリンク

子供を一人暮らしさせるためにはしたいと思うタイミングがある

子供が一人暮らしをしたいと思うタイミングは、多くの場合、共通しているといわれています。

①就職が決まった時

②成人した時

この2つ、まさに「一人暮らしがしたい衝動」に最も強く駆られるといわれます。

多くの子供が、「自分は、今までの自分とは違う!」という「切り替え(スタート)の気持ち」が芽生えるそうです。

まさに、この時期が、「一人暮らしのチャンス」です。

気持ちが盛り上がっている時期に、ポンと一人暮らしをさせることができれば、親の「一人暮らしをさせたい」という気持ちと一致する訳です。

ですが、中には、これらの衝動が全く芽生えない子供や、これらの時期を特別と考えない子供などいます。

家→出る?→出るきなし!

あ~タイミングがあわない!みたいな(笑)

そこで、

一人暮らしのチャンスを何げなく逃してしまったら、親の方からきっかけを作ってあげるとうまくいく場合があるといいます。

子供を1人暮らしさせるには一人暮らしの魅力を伝え外に目を向けさせる

子供が成長する姿を見るのは、親にとって、とてもうれしいものですが、上げ膳据え膳のまま、すっかり大人へと成長し、家の中が狭く感じるくらいになると、今は にぎやかでも、子供の将来が心配になりますね。

子供には、「一人暮らしの魅力と大切さ」を伝えて、その気になってもらいましょう。

具体的に次のことをはなしましょう!

一人暮らしをするとね~から以下

・とにかく自由になる
「門限や、お小言、禁止事項などがなくなり、誰に干渉されることもないよ」

・お小遣いが自由に使える
「大学生であれば、親の仕送りで生活ができ、自分で得る収入は自由に使える
社会人であれば、学生以上の金額を自由に使える」

・家族に遠慮なく、友達を呼べる
「自分の部屋(家)ともなれば、友達を自由に呼べて、泊めることもできる」

・好きなものを食べられる
「その日、気が向いた好きな食事ができる」

・部屋の模様替えが好きな様にできる
「好きな花や絵を好きな場所に飾ることができ、気に入った家具も置くことができる」

・家族とけんかすることもなくなる
「すべて自分に決定権があるので、誰にも反対されることはない」

・もしかしたら、パートナーができるかもしれない
「一人暮らしをしていると、気軽に行き来ができ、時間的にも余裕ができる
家事や料理をする姿や、気遣いを見せることで、好感度が上がる」

・集中したい時に、集中できる
「余計な邪魔が入らないので、趣味や仕事に没頭できる」

・好きな場所に住める
「学校や会社など、その環境に応じて住む場所を決めることができる」

・好きなだけ寝ていられる
「余計な邪魔が入らないので、寝たいだけ寝ていられる」

・家事の達人になれるかも・・・
「一人暮らしが長くなれば、いずれは自炊をする様になるので、気が付くと、働く主婦(夫)になっている可能性が高い」

・社会の仕組みが分かる様になる
「ゴミ出しや分別などのルールが分かる様になり、公共料金や役所関係の手続きなどを自分で行う様になるので、社会のルールの中で生活できる様になる」

など、てを変え品を変え(笑)

さらっと、いいよ~一人暮らしは~みたいな気をだしてつたえてみましょう。

子供を1人暮らしさせるため家が居心地の悪い場所へと変えていく8つの方法

これだけたくさんの魅力を伝えたにもかかわらず、「だって・・・、でも・・・」を繰り返し、一向に一人暮らしへの動きが見えない子供には、「実力行使」に出てみましょう。

今までの上げ膳据え膳をやめ、親の方から一人暮らしを促す行動に出るのも、子供にとってはプレッシャーとなるでしょう。

今までの生活環境(家族としてのルールや譲り合いなど)に加えて、さらに、ルールを上積みしてみましょう。

以前とは違う生活に苦痛に感じれば、家が居心地の悪い場所になっていくのかもしれません。

次のように仕向けましょう!

①自室の掃除をさせる

②自分の洗濯物の洗い、干し、たたみなどをさせる

③自分の食事の準備と、そのあとの洗い物を自分でさせる

④食事の準備と、そのあとの洗い物を順番制でさせる

⑤ごみの分別とゴミ出しをさせる

⑥公共料金や家賃(ローンの支払い)を一部負担させる

⑦お金を貸したら、期限を決めて返してもらう

⑧お金に困っても助けない

など、すべてとはいいませんが、最低、家にはお金を多目にいれてもらい、家事をさせてこなかったら、茶碗をあらわせるなど、させましょう!

スポンサードリンク

子供を1人暮らしを決心させるためには具体的に考えてやる

30才頃になると、家で過ごすことに居心地の悪さを感じ始める子供が多くなる様です。

そこで、親ができる次の一手は、具体的に一人暮らしに必要な準備を子供に示し、子供が抵抗なく一人暮らしを受け入れる様に一緒に考えてあげましょう。

具体的には、

・通学や通勤圏内にある物件の資料を取り寄せ、一緒に考える

・一人暮らしの具体的な計画を立てる

・一人暮らしにかかる月単位の費用について、話し合う

・無理のない引っ越し期限を決め、スムーズに引っ越しできる様、手伝う

・引っ越しまでの手続きなど、一緒に行動する

など、、

子供が一人暮らしをすることについて、「あなたの自立のため」、「あなたの将来のため」といってきたはずです。

子供にとって、また、親にとって結果が良いものでなければ意味がありません。

子供を出したのはいいけど、心配ばかりさせられては、親はたったものではありません。

「希望に満ちた一人暮らし」がスタートできる様に、最後まで寄り添ってあげましょう。

子供が一人暮らしが始まる・・・その時、親は

自分だけの城を持った子供は、新たな気持ちで、おおいに前向きになっている頃です。

この頃になっても「子供の一人暮らしには抵抗がある」と思う親がいるそうです。

統計によると、約25%の親が、「一人暮らしには反対」と考えているデータがあり、「一人暮らしは子供の将来のため」と本心を隠して送り出している場合があることが分かります。

近年、一人暮らしの子供が、帰らぬ人になってしまう悲しいニュースが増えていますが、これらの事件が親の不安と被るせいかもしれません。

万が一にも、巻き込まれてしまったら「一人暮らしをすすめた自分に責任がある」と考えてしまうといいます。

ようやく一人暮らしを始めた子供に、親の後悔を口にする訳にはいきません。

では、親の不安を取り除くためにできることは、どんなことでしょう。

・一週間に1度、または、最低でも一カ月に1度は、子供の生活の様子を見に行き、一緒にご飯を食べ、できれば、一晩泊ってくるなど、同じ時間を多く過ごす

・離れて生活をしていても大切な子供であり、家族だと伝え、できるだけ連絡を取り合う

・一人暮らしでの不自由や困ったことは、何気ない会話の中からでも、しっかりと受け止める

・今、一人暮らしをしていることが、これからの自分に大きな自信と支え、そして、糧(カテ)になることを説明することで、「無意識に過ぎていく日常を有意義な毎日へ」と、意識改革をさせる

・子供の近況や友達関係をおおよそ把握しておく

・時々は、「家に戻りたければ、いつでも戻れること、戻る場所があること」を伝え、子供の気持ちを安心させる

離れていても、コミュニケーションはとりましょう!

一人暮らしをしたくないという子供との付き合い方

親子がお互いを信頼し合っていることがベースにあって、親子が真正面に向き合って、どうしても子供が、一人暮らしをしたくないと言い張る時は、無理強いせず、いったん話し合いを切り上げ、お互いのために考える時間を持つ様にしましょう。

親子で話し合いを重ねても、最終的に、どうしても子供が一人暮らしを嫌がれば、無理にさせることはできないでしょう。

その時は、あとになって蒸し返さないと決めて、話を収めるのが良さそうです。

一人暮らしを免れたからといって、今までの様に「上げ膳据え膳」という訳にはいかないこと、親やきょうだいと一緒に暮らしながら自立する方が、一人暮らしよりも何倍もつらいかもしれないことを伝えましょう。

そして、一人暮らしのはなしをしているのに、お互いが「あの時の話」を、過去のことあるごとに持ち出さないようにしましょう。

親は、とかく子供のこととなると、いちずになりがちです。ことあるごとに、「だから、あの時・・・」と口に出してしまうのは親の方が先だといわれています。

子供の将来を心配しての言葉だと、子供が理解するのは、恐らくもっと先になるでしょう。子供が親の気持ちを理解できない時期では、子供は親に不信感を抱き、気持ちがこじれて、自棄(ヤケ)になってしまう場合もあるそうです。

まとめ

一人暮らしをさせるには、その準備段階として、今まで当たり前にやってきた「子供に対する過保護(=上げ膳据え膳)」をやめる必要がありそうです。

私がそうです(笑)

子供にとっては、親に突き放された思いをするかもしれませんし、そのことで親を恨むかもしれません。

親にとっても一人分の仕事が減ることに対しては、「楽」と感じるのかもしれませんが、内心では、「不安や寂しさ」を覚える親も少なからずいるものです。

子供の一人暮らしは、いつから始めても良いのですが、年齢が上がるほど難しくなるといわれます。

やはり、30前後か、あとは、結婚するときになるかもしれませんね。

子供とよく意見交換をして、子供にとっての成長と喜びになる様、最後まで寄り添って、良好な親子関係を維持し、自立しようかな~という子供のサインを見逃さず、一人暮らしを後押ししてあげましょう。


おすすめな副業❗
あなたもおこずかいかせぎしませんか?
記事は外注できて、放置でアドセンスでお金が入ってくる!?
知って得するその秘密はこちらをクリックしてアドレス登録を!↓↓

【アフィリ代行PJ】外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック
gaityu300.png

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする