茅乃舎だしで茶碗蒸しが料亭の味に!忙しい主婦に5分で蒸す方法も教えます!

今回は、超人気のおだし、茅乃舎で美味しい茶碗蒸しの作り方を紹介させていただきます。

きっかけは、先日テレビで、「とんねるずのおかげでした!」のなかで、原口さんの奥様が、このだしをお使いになり、みんなが「おいし~!」と絶賛されていたのをみて、また、原口さんの奥様が「ママ友の間で流行ってるんです」と言われ興味を持ちました。

そしたら、なんと、天然無添加のおだしということが判明!(笑)

今や、多くの食品に食品添加物が入っていますね。

長持ちさせるのに仕方がないとはいえ、私たちの体にはあまり良くありません。

まして、小さなお子さんをお持ちのご家庭はなおのこと・・・ぜひ、この茅乃舎だしで、美味しい自然の味で、食育してあげて欲しいと願います。

この記事を、参考に、料亭にでてくるような美味しい茶碗蒸しを、ぜひ食卓に並べて、いつもとは、ちょっとちがう優雅な夕飯にして、家族を喜ばせてあげてくださいね!

<茅乃舎だし>通販ショップはコチラ♪

スポンサードリンク

茅乃舎のだしで茶碗蒸しを作ろう!〈動画あり〉

この茅乃舎だしを使って、料亭に出てくるような、とびきり美味しい茶碗蒸しを作ってみましょう!

材料はこちら・・・

材料 (1人前)

・卵  1個

・銀杏 2個

・茅乃舎のだし 150cc

・みりん 10cc

・酒 10cc

・醤油  10cc

・しいたけ 2枚

・鶏肉(もも肉) 少々

・三つ葉 少々

作り方は簡単!

1. 湯呑に順番(しいたけ・銀杏・鶏肉・三つ葉)に材料を入れていきます。

2. ボールに、卵、茅乃舎のだし、調味料を入れて混ぜます。
だしを入れる前に、卵を良く溶いておくとGood!

〈ワンポイント〉
混ぜた後の泡はチャッカマンの炎をかざしてあげると簡単に消えます。

3. 湯呑に、2で混ぜたものを入れていきます。

4. サランラップを被せ2か所ほど穴をあけておきます。

5. 湯呑の下3cmになるくらいにお湯を沸かします。

6. 中火で3分、弱火で3分、余熱で3分温めます。
90℃を維持するために絶対にふたは開けないように!

7. 火傷に気を付け茶碗蒸しを取り出します。

8.  卵が固まっていれば完成です。

参考動画がありました↓

湯呑に具材を入れて、卵とかを混ぜたものを入れるだけです。

しかも、茅乃舎のだしを使うことによって本格的な味になります。

厳選された素材によってさらに味に深みが増します。

そんな茅乃やだしの美味しい秘密、厳選素材とは、一体なんなのでしょう?

美味しい茶碗蒸しのキーポイントとなる茅乃やだしの素材を知っておくことで、食べるときより一層美味しく感じます!

スポンサードリンク

茅乃舎だしってどんなだし?

茅乃舎だしは、四種類の国産の素材からできています。

肉厚で甘みが強い「真昆布」。

広葉樹を燃やしながら半月かけじっくり燻した「鰹節」。

濃いうまみとほのかな甘みを含んだ深みのある「うるめいわし」。

飛び魚を焼いて骨も丸ごと粉砕した「焼きあご」。

本格派の天然だしというのがわかりますね!

茅乃舎だしで作った茶碗蒸しは、家族のみんなが、口を揃えて「美味しい!!」と絶賛してくれること間違いなしです。

茶碗蒸しをたった5分で蒸す方法〈動画あり〉

おおちゃくな、私がかんがえること(笑)

もっと、早うできんのんかな(--)

主婦はね、なにしろ、忙しいんです。

そんな、忙しい主婦に、この方法を教えます!

しかも、火にかける時間も減るのでガス代も節約できますよ。

このいいこと尽くめの方法に必要なのは菜箸たったの1本だから驚きです。

真ん中に置いて強火で蒸すだけです。

参考動画

ぜひ、よかったら、参考にしてみてくださいね!(^▽^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする