お中元ののしに名前を入れないのは大丈夫なのか?失礼なの?

お中元ののしに名前を入れないのって、ありなのかな?

「失礼かな?」と疑問に思ってしまいますね。

名前を入れると、格式ばってみえたり、なかったらないで、失礼なのかなと?

そんな疑問をふまえて、お中元のしの名前の入れる入れないを調べてみました

関連記事↓

お中元上司にいくらくらいの値段のものを贈ればいいのか?

スポンサードリンク

お中元ののしに名前を入れる入れない?

たいていの場合、のしには自分の名前を入れることが一般的です。

その時は、サインペンか筆ペンなどを使いましょう。

ボールペン書きや鉛筆書きは、失礼に当たります。

また、上司に直接、手渡しできる場合は、名前は書かなくても良いといわれています。

名前を入れないことは、決して失礼ではないそうですが、一般的には、入れる傾向にある様ですから、あなたも名前を入れる方が無難でしょう。

のしをかける理由とは?

のしをかける理由は、いくつかあるといわれています。

・改まった形にして、感謝や尊敬の気持ちを表したい

・自分の気持ちの大きさを、のしを付けるという形で表したい

・用途と、名前をはっきりと示したい

・自分から贈った品物とほかの人からの品物を区別したい

・・・など

のしをかけると、「格式張った印象」になることが分かりました。

それだけ相手のことを尊敬し、感謝し、そして、幸せを願っていることは、十分に伝わることでしょう。

また、上司と特に親しい間柄であれば、のしをやめて、リボンにしても良い様です。

上司との関係によっては、のしを使わないことも気遣いの1つかもしれません。

※のしとリボンを両方付けることは、非常識だと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

お中元を贈る際に気をつけること

上司にお中元を贈る場合、どんなに親しい間柄でも、直接、あなたの手で届けることができない場合は、品物が届く前に、メッセージ(挨拶状)が届く様、準備しましょう。

いきなり品物だけが届くのは、上司を驚かせてしまうだけでなく、人によっては無礼だと考える場合もある様です。

まとめ

お中元のしは、基本的には、名前を入れるのがいいようです。

ただ、ボールペンなどは、いけません。

贈られた方は、なんだか、小馬鹿にされたように思ってしまいます。

また、手渡しなら、のしに名前を入れなくてもいいようです。

でも、私なら、部下からは、やはり、きちんと書いて頂きたいかな。

要は、贈る気持ちが大切で、それがのしひとつとっても、きちんとした形で、名前を載せ、感謝の気持ちで、贈るようにすることが大事ですね!

おすすめな副業❗
手抜きを極め尽くした横着のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼントしてくれるよ! キーワード公開もしてるし、アドセンスで伸び悩んでるなら絶対登録しておくべき♪
知って得するその秘密はこちらをクリック!アドレス登録してね!↓↓

【アフィリ代行PJ】外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック
gaityu300.png

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする