3か月の赤ちゃんが掛け布団を足で蹴り困ってます!その対策とは?

3か月の赤ちゃんの掛け布団についてですが、生後3か月、この時期だと、赤ちゃんは、寝返りをしたりするので、夜中、風邪を引かないか心配になります。

さらに、寝てる時に、布団を足でけったりして、掛け布団の意味がないとおもうときがあり、赤ちゃんが冷えないかと気になります。

夏場なら、まだしも、冬場となると、なおさらです。

いまからの時期、赤ちゃんの寝るときの寒さ対策について考えてみます。

また、私も3児をそだてた体験もお話したいと思います。

スポンサードリンク

3か月の赤ちゃんの掛け布団について(冬場)

まず、なんといっても、冬は、赤ちゃんが、寝ているとき、体を冷して、風邪をひかせないように気をつけないといけないですね。

しかし、3か月の赤ちゃんは、じっとはしません。

寝返りをうったり、特に足が動きますよね。

赤ちゃん足で掛け布団をけりあげて、布団は、赤ちゃんに掛からない。

赤ちゃん、冷える。

赤ちゃん風邪をひく。

になってしまいます。

そこで重宝するのが、スリーパー。

スリッパじゃないですよ( ・д・)

赤ちゃんには、冬場は、スリーパーを着せて寝付かせると親も安心です。

スリーパー?なに?と思うかたもいるかもですね。

楽天より

これがスリーパーです↑

ちゃんちゃんこの袖をとった感じですね。

冬場、やはり、赤ちゃんには厚手のスリーパーを着せるといいです。

これなら、たとえ掛け布団が、かからなくても、多少は寒さはしのげます。

なので、冬場はスリーパーが1枚あるととても便利で、なんといっても母親自身が、安心して睡眠てきるからです。

赤ちゃんの掛け布団応用編

真冬の凄く寒い時、やはり、スリーパーだけに頼るのは、ちょやはり、不安だと思う時、掛け布団にちょっとした、工夫で、寒さ対策になります。

それは、

すこし大き目の洗濯ばさみで、布団の両端を下布団と挟んでおきます。

大きな筒状の布団にする感じ。

これなら、多少動いても大丈夫☺

あとは、腹巻きをしてあげてもいいですね!

お腹を温かくしておけば、全体が冷えにくいと聞いたことがあります。

私も、小さいとき、腹巻きをして寝ていましたね。

昔からの、冷えの対策のアイテムとしてある腹巻きです。

これも、スリーパー、同様、使う価値ありです。

スポンサードリンク

赤ちゃんと一緒に寝ていた私

最初の赤ちゃんの時には、ベビーベッドを用意して、別々に、していましたが、途中からは、添い寝をしました。
その理由に、私は、母乳100%で、育てたので、夜、添い寝している赤ちゃんに、すぐ、お乳を上げるには、最適だったからです。
私は、この赤ちゃんと、添い寝をしたため、寝不足ということはありませんでした。
ミルクを作る必要はなく、赤ちゃんがなけば、横になり、寝ながらお乳をあげていたからでした。
また、一緒に寝ているので、赤ちゃんが、掛け布団が、掛からないということもなかったからです。
その点、私は、赤ちゃんと一緒に添い寝をすることをおすすめします。
赤ちゃんだけの、ベビー布団は、昼間は必要でしたが、夜は、いりませんでした。
特に、冬場は、一緒が、安心でした。
赤ちゃんの上になり、圧縮させてしまわないか心配なかたは、控えてください(笑)
でも、ほとんどの人は、そんな心配はいらないと思います。

まとめ

足が、よく動く3か月の赤ちゃんの掛け布団は、あってないものと思いましょう。

けちらかしてしまうのが落ちです。

対策として、スリーパーや、腹巻き、また、掛け布団と敷き布団を洗濯ばさみでとめるなど、工夫してみるといいです。

また、赤ちゃんと添い寝することで、随時、赤ちゃんが、掛け布団にきちんと、収まっているか、確認ができますし、お互いの温もりで寒さが緩和します。

そして、添い寝は、なにより、母親の温もりと愛情が、赤ちゃんに伝わる絶好の時間だと、思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする