朝の準備 が遅い小学生がスムーズにできる工夫とは

幼稚園や、保育園とは、違って、小学1年生となると、子供も環境がかわる時期ですから、朝の支度が遅いのは当たり前です。

そして、親も、精神的の面で、てんやわんやになり、親の忍耐の時期でもあります(笑)

朝の学校の準備、支度が遅いと、イライラしてしまいますよね。

さて、私も、3人の子育てをしてきましたから、少なからずわかります。

3人目の子育てとなると、だいたい先がわかるようになり、少し気持ちに余裕がもてるようになりました。

私の体験上、そんな悩みを少しでも解決できるアドバイスや、工夫を紹介させていただきますね!

スポンサードリンク

小学1年生の朝の準備をスムーズにできる工夫とは!

【制服などの着替え編】

朝、学校に行くのにする事、制服などの着替えです。

最初は、着せてあげないと無理かもしれません。

だから、一緒にしながら、こういうふうに、着るのよ、ボタンは、こうしてかけるのよ、など、声をかけながら、して見せてあげたらいいですね。

数日、しばらく着るお手伝いをしてあげ、様子しだいでは、子供に、させてみましょう。

時間がかかってもできたらいいですが、やはり、そんな長い時間、待てないですよね。

時間ぎりきりまで、させて、仕上がっていなかったら、どうするか?

手伝ってあげてください(笑)

「よく、着れたね!あと少しだけど、時間が間に合わないから、ママが手伝わせてもらうねー🎵」

とかいいながら、ささっと着替えさせちゃいましょう。

そのほうがよっぽど、ストレスは、たまりません。

多くは、子供が、着れない、出来ないことで、親の都合が狂うわけでストレスになり、怒り飛ばすわけですから。

それなら、してあげればいいのです。

朝から叱るのはやめましょう。

朝一から、親も子も、嫌な思いをするのは辛いです。

ストレス怒りをしない、これも、子育てのコツです。

〈  ひと工夫  〉

とにかく、自分で、着替えは、子供自身にして欲しいという、お母さんにアドバイス。

朝、ぶっつけ本番でするから、子供も上手くできないんです。

だから、夕方でも、夜でも、上手く着れない子供には、遊び感覚で、着る練習をさせるんです。

ストップオッチを持って

「はい、何分でお着替え出来るかな?」

とかいいながら、練習させるんです。

子供は、無邪気だから、します(笑)

「いまから、何分で着替えられるか計ってみるよ!ヨーイはじめー」

練習は、うらぎりません(笑)

時間がきまってませんから、何分かかっても、いいわけで、できないところは、教えてあげたらいいわけです。

出来たら、大袈裟に誉めて、抱きしめてあげましょう。

その時の子供の顔は笑っていますよ!

何でも経験が宝です。

【朝なかなか起きない編】

これも、よくありました。

はじめは、やはり、怒りとばしていました。

「早く起きなさい!学校行くの間に合わなくなるよ!!」怒

しかし、ただ怒るだけでは、なかなか、おきてこないので、考えました。

朝は、時計と、にらめっこです。

逆算して、時間に間に合う時間まで、待ちます。

やはり、なるべく自分で起きる訓練をしていくほうが、早く自立できますから、目覚まし時計は、毎日、鳴らします。

それでも、起きてこなければ、声かけします。

「時間じゃない?起きなくて大丈夫?」

それでも、だめなら~

「朝御飯できたよ。あとフルーツヨーグルト作ったよ❤食べない?」

と、子供が好きな食べ物でつりましょう(笑)

たとえば、ホットケーキや、プリン、チョコレートなど

それでも、起きてこないなら、お布団をはがして

「時間だよ!早くヨーグルト食べようよ」と言って起こしましょう。

コツは待つことです。

時間を見ながら、学校に行くのに、間に合う時間まで逆算して、ぎりぎりまで、待ってあげることだと思います。

朝、いつもの時間に起きるためには、子供が、朝、起きる体内時計をセットできたら、起きれるばずです。

体内時計は、すぐにはセットできないので、しばらく手伝ってあげるといいと思います。

お着替えと同じです。

早かれ遅かれ、いつかできることです。

むきにならず、待ってあげてください。

スポンサードリンク

まとめ

一人目の子育ては、私も初めてで、自分中心の対応しかできませんでした。

しかし、私たちも、子供だった頃も、出来ないことばかりだったはずですが、今は、できるわけで(笑)

つまり、今、できないからといって目くじらたてることはないのです。

ただ、成長段階で、親が見守り、生活の基礎を教えてあげることは、この時期、大切なことだと思います。

ですから、親は、肩に力をいれず、子供をいい意味で、上から目線で見て、導いてあげて欲しいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする