子供の日焼けに気をつけることは?日焼け止めは肌に優しいものを!

子供と外で、遊びに行ったりするとき、気をつけないといけないことのひとつに、子供の日焼けのケアがあります。

大人は、日焼けのケアをしますが、子供に対しては、見落としがち。

特に、春先、日差しが気になるシーズンや、夏のプール、海、山など、家族で行楽に行くケースがあります。

親の私たちも、日焼けしないよう日焼け対策をしますが、子供にも、忘れずちゃんと、考えてあげましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け対策

私の経験上、赤ちゃんの日焼け対策のひとつに、タオルを活用しました。

ベビーカーの日除けカバーの上にタオルをおき、下に垂らして、赤ちゃんの顔や体に日が当たらないようにしました。

また、赤ちゃんを抱っこした際、赤ちゃんの頭にタオルを巻いて、タオルを帽子がわりにして、これもまた、直接、日に当たらないように工夫しました。

いがいと、タオルは日焼けには便利です

幼児や子供の日除け対策

幼児や子供になると、さすがにじっとはしていないので、特に夏のプールや、海などに行く時、日焼け止めクリームを塗りました。

ちなみに、私は、肌に優しいオーガニック系の日焼け止めで、ロクシタンを使用しました。

ロクシタンは、オーガニック系の美容品。

だから、安心して使えます。

とは、いうものの、試し塗りをして肌チェックを忘れずに❗

いまでも、子供や私も、日焼け止めクリームは、これを使います。

PA+++です。

+は、効き目がありますよ~の表示。

また、香りは、レモンのような、爽やかな感じです。

安心して、子供にぬれるかなとおもいます。

2.3時間おきに、塗るといいです。

あとは、子供がきる服や帽子

最近は、UV対策の生地が開発され、子供用も、販売されているそうです。

コチラ↓

スポンサードリンク

紫外線の危険

「子どもの日焼け」について

昔は日に焼けていると健康的だというイメージがありました。

私の時代、保育園で、黒んぼ大会というのがあり、だれが、一番黒いかという大会がありました。

腹黒じゃないですよ(笑)肌ね。

私は、3位に入賞しました!(笑)

なぜ、おぼえてるかって?

昔の写真で発見、表彰台に乗って、嬉しそうに笑ってました。

たしかに、昔は、日光浴が、だいじですよといわれていましたが、今は、気をつけないといけません。

しかし、太陽光は、デメリットだけではなく、ビタミンDを作り、骨を丈夫にしてくれる、役目もあるそうです。

しかし、最近は、皮膚に害を及ぼす種類の紫外線が増え、子どもは、その紫外線を浴びすぎると、大人になってからいろいろな、病状が起こることがわかってきました。

最悪、皮膚がんや、目を痛めたりするそうです

時期的には、どの季節から?とおもわれるかもしれませんが、私は、赤ちゃんは、特に、出掛けるときは、オールシーズン、日焼け止めを塗るほどでなくても、日傘、タオルなと、日焼け対策をしたほうがいいとおもいます。

子どもの日焼けを防ぐには、まずは、お母さんの心がけが、大事になってきます。

まとめ

大人もサングラスして、目を紫外線から守りますね。

これって、子供用サングラスってないのかなと思ってしまいます。

子供を、有害な紫外線から、肌や、目を守ることは、日差しの強い季節は特に気にかけましょう!

子供の肌は柔らかく、紫外線も吸収しやすいはず。

おとな以上に、気をつけてあげましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする