高校生のバイトは夜何時までO.Kなのか?バイトをする上での注意点

高校生になると、徐々にアルバイトを始める子供がいます。

私の子供も、高校生でアルバイトをし始めました。

基本的には、アルバイトは、禁止されている高校がほとんどではないでしょうか。

それでも、高校生はアルバイトを、している子がほとんどです。

スポンサードリンク

長女のバイト

ちなみに、長女は、学校帰りにスーパーのレジのアルバイトをしていました。

平日、夕方から、9時まで、また、土日は、フルで、朝から、夕方まで、アルバイトをしていました。

また、春、夏、冬休みは、もちろんガンガン、アルバイトをしていました。

めちゃ稼いで、羨ましいと思った記憶があります( ・д・)

しかし、ある時、誰かが学校へ、高校生がアルバイトを、している!と通報され、しかも、長女ではなく、同じ高校でアルバイトをしている子に対して、学校へ情報を流されたためでした。

私は、保護者として学校から呼び出しをくらいました。

いけないことは、いけないので、親子とも、処分をうけましたが。

子供は、反省文を書きました。

長女は、私が、学校から呼ばれたものだから、「お母さん、ごめんね🙇💦💦」と謝りまりましたが、長男の学校からの呼び出しに比べれば、かわいい内容?!なものです。

また、長男や長女が、学生時期に、いろいろあったことは、また、書かせていただこうかな~と思っています。

その後は、やめたのかって?

いえいえ、さすが、スーパーはアルバイターを、けっして離しませんでした(笑)

人手がいないというので、顔がでないようにと、お惣菜[厨房]で、お手伝いをしたのでした!

店も、親子ともども、反省の色なし(笑)

高校生のお金事情

高校生になると、やはり、友達との付き合いもあり、お金が必要です。

私も、はじめは、おこずかいをあげていましたが、子供がアルバイトをはじめるころには、減額し、渡していました。

また、携帯電話の使用料も、一部支払ってもらったり、助けてもらいました。

いまでは、あの頃、アルバイトをすることで自立心が、育ったと感じています。

お金は、自分の服や、友達との遊びに使っていました。

スポンサードリンク

アルバイトの場所

しかし、親が大変なのは、バイトの帰りの迎えが大変でした。

まだ、スーパーが家の近くで、車で3分くらいでしたので、よかったですが、しかし、それでも、毎日のようにだと、親も、負担になり、愚痴がでてしまうありさま(笑)

ですから、アルバイトをするなら、送り迎えがいらないような、場所を選ぶといいと思います。

毎日のことです。

これは、結構、大切なことだと思いますよ。

子供は、よくわからないので、決める前に一言いってね!といっておきましょう。

高校生は夜何時まで働ける?

次女も、1年の春から卒業まで、学校の帰り道の焼肉屋さんで、アルバイトをしました。

そこは、夜の10時まで働きました。

しかも、まかないつきでしたから、私としては、助かりました!

しかも、最寄りの駅が、近くで、迎えがいらなかったのです。

定時のJRで、毎日帰ってきました。

やはり、親としては、迎えがいらなかったのでめちゃくちゃ楽でした!

まとめ

高校生は、10時まで働けます。

しかし、10時以降、街など、ひとりでぶらぶらしていたら、補導される可能性がありますから、気をつけてください。

女の子は、特に、アルバイトをする場所をよく撰んだほうがいいでしょう。

やはり、学校がえりの、行きやすいところ、また、近くに、家の最寄りの駅や、バス停かある路線を選ぶといいですね。

学生時代のアルバイトは、今後の社会に出ていくための、助走になると思います。

親は、あまりくちだしせず、子供の選んだバイトを、できるだけ、応援してあげましょう!(^-^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする